Winshuttleソフトウェア

 

操作が簡単なSAPデータ・アップロード・ツール

Winshuttleは、ユーザーがExcelまたはAccessからのデータを迅速にしかも正確にSAP ERP(R/3)に入力するための、操作性に優れたツールを提供します。SAPからExcelとAccessへのダウンロードも可能です。しかも、プログラム開発の必要がなく、SAPセキュリティー機能にも影響を与えません。
 

Winshuttleはマニュアル・データ入力を無くします。

Winshuttleソフトウェアをお使いいただくと、マニュアル・データ入力は必要ありません。SAPへのデータ入力を、Excelから一括してデータ・アップロードしていただけます。また、SAP導入プロジェクトや導入後の本番運用のどちらにおいても、LSMWCATT/eCATT等の専門家向けのソフトウェアは必要ありません。例えば、SAPデータ・アップロードSAPデータ入力SAPデータ移行SAPマスタ・データ管理SAPデータ・メンテナンスSAPデータ連携等の業務で、マニュアル入力と専門家向けソフトウェアが不必要となります。
Winshuttleソフトウェアをお使いいただくと、今まで専門家に依頼していたSAP関連データ業務を、業務ユーザー自らが行なえるようになります。そのような場合であっても、ITに関する管理レベルが下がることはありません。Winshuttleソフトウェアをお使いのグローバル企業では既に何千人もの業務ユーザーが、全てのSAPモジュールに対して何十億ものレコードを処理しています。Winshuttleソフトウェアは、SAP関連業務の自動化・効率化を促進し、業務プロセスの改善を助けます。Winshuttle製品は、次のような問題に対応します。

SAPデータ問題の解決

データ処理の問題 業務へのインパクト
ERPシステムは複雑であり閉じたシステムです。 データの入出力が難しい。
現在のデータ・ツールやソリューションは、あまりに技術的です。 ITおよびプログラミング要員が必要です。
データ入力は、時間がかかり、エラーが発生しやすい。 要員リソースが費やされ、対応に時間がかかるため、古くて不正確なデータに基づく業務デシジョンになりやすい
コンプライアンス上、厳密なセキュリティーが必要です。
ユーザーは、自分のデータに簡単にアクセスできません。


 

WinshuttleのSAPデータ・ツール

これらの問題を解決するために、次のWinshuttle製品を提供しています。
 
 
TRANSACTION
TRANSACTIONは、世界60ヶ国以上で使用されている実績No.1のSAPデータ・アップロード・ツールで、Winshuttleソフトウェアのフラグシップ製品です。
TRANSACTIONは、ユーザーが実行したSAPトランザクションの操作ステップを記録(Record)します。次に、関連するSAPフィールドをExcelシートにマッピング(Map)します。 これにより、SAPとExcel間でのデータのやりとりするSHUTTLEファイル・テンプレートが作成されます。最後に、それを実行(Run)します。このように記録-マッピングー実行の3つの操作ステップを使うため、SAP FI/COSAP SDSAP MMSAP HR等のあらゆるSAPモジュール、SAPトランザクションでご利用いただけます。
 
 
RUNNER
RUNNERは、TRANSACTIONの実行専用バージョンです。RUNNERでは、SAP権限ユーザーが事前定義されたSHUTTLEファイルを利用することにより、ExcelとSAP間のデータ転送を安全に実行することができます。